スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.05 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

オバマ政権の非核方針はなぜ生まれたか

  メリカ政府が核拡散防止条約(NPT)を遵守する非核保有国に対して核攻撃をしないことを明言した「核戦略体制の見直し」(NPR)を発表しました。北朝鮮とイランを例外として残しながらも、核攻撃の選択肢を制限する決定を行ったことは、アメリカの外交・軍事政策における大きな転換といえます。欧米諸国のメディアだけでなく、国内でも概ね好意的に捉えられているようです。昨年のプラハ演説以来、オバマ政権の非核方針は大きな関心を集めています。しかし、その一方で「なぜアメリカ政府が核軍縮を進めるか」という根本的な部分に関する考察は少ないように思います。


  「核兵器があることは危険だということは誰しもがわかることなので、今回のオバマ政権の選択は当たり前」というのでは、あまりにナイーブすぎると思います。核兵器が危険なことは、今も昔も変わりません。にもかかわらず、実際にアメリカが核攻撃を受けたわけでもないのに、オバマ政権は急速に非核化への手を打っています。つまり、「危険だから当たり前」という理解では、なぜこのタイミングか、ということが説明できないのです。


  一言で言えば、オバマ政権による非核方針は、必ずしも普遍的な平和主義だけに基づくものでない、ということです。冷戦終結後、ソ連の核兵器を引き継いだロシアは、財政難からアメリカに対して核軍縮交渉を再三求めました。これを断り続けたのはアメリカ側で、なかでもブッシュ政権は「テロとの戦い」を大義名分に、従来禁止されていたミサイル防衛網(MD)の整備に踏み切りました。自国に飛来するミサイルを撃墜するMDは核バランスを崩すものであり、ロシア側からの反発を招きました。オバマ大統領は核軍縮を進めることをアピールしてノーベル平和賞を受賞しましたが、エリツィン、プーチンの歴代ロシア大統領はなぜもらえないのか、大いに疑問です。


  ともかく、冷戦時代と異なり、ロシアとの間で核ミサイルを打ち合う可能性が限りなく低下した以上、膨大な核兵器を保有し続けることは、アメリカ側にとっても財政負担が大きすぎます。金融危機後の経済状況の悪化だけでなく、グリーン・ニューディールと呼ばれる環境分野への公共投資の増加、国民健康保険の導入もあって、アメリカ財政は火の車です。とはいえ、「台所事情が苦しいから核軍縮を」では、超大国としてあまりに面目が立ちません。「世界平和のため」という大義名分は、行き過ぎて自らの首を絞めるようになった核軍拡の方針を転換するのに、このうえないものといえるでしょう。


  そして、さらに重要なことは、これはアメリカ政府自身が認めていることですが、ロシアや中国といった核保有国との間の核戦争がもはや想定できない一方、テロリストによる核攻撃の危険性がある以上、核兵器を大量にもっているだけでは安全が保障されない、ということです。ロシアや中国が脅威であるならば、核ミサイルの数で勝負すればよかったのですが、テロリストが相手ではいくら核兵器をもっていても、攻撃されればそれまでです。なぜなら、テロリストはどこにいるかわからないので、反撃のしようがないからです。その意味では、核兵器やその原料などの密貿易を規制する方が、よほど現実的な対策といえます。いずれにせよ、オバマ政権による核軍縮は、決して理想を追求しただけのものでなく、アメリカの軍事的・経済的利害と無縁でないということができるでしょう。


スポンサーサイト

  • 2014.03.05 Wednesday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
美容&ダイエット あれこれ: メルマガ読者登録解除完了のお知らせ (自動返信メールなので空メールをお送りください). 【未分類の最新記事】. ☆★☆いつきのオススメ☆★☆ · 米、イラン・北朝鮮核攻撃に含み/世界中の... おうちで簡単!日替わりレシピ〜ブリ
  • 最新!!日本のニュースを紐解く
  • 2010/04/08 8:43 AM

iPad用の電子書籍アプリを作りました![佐門准教授と12人の哲学者]


公式サイト

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最新エントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM