スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.05 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ハイチ復興支援にみる国際関係

  震で首都が壊滅したハイチの復興を支援するため、国連本部で3月31日に支援国会合が開かれました。この場で、59カ国・機関から総額約99億ドルの拠出が表明されました。1804年、イギリス軍の支援を受けてフランス軍を駆逐し、世界初の黒人による共和国として独立したハイチは、しかしその後フランス、ドイツ、アメリカを はじめとする大国の干渉もあり、騒乱と貧困が続く国でした。西半球で最も貧しい国といわれるハイチでは、もともと脆弱であった政府がほぼ完全に機能不全に陥っており、国際社会の支援のもとで国家そのものを作り直す作業が始まります。


  国連の関与による新たな国家建設の取り組みとしては、内戦終結後のカンボジアや、旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナでのものが知られますが、地震という自然災害を契機に行われるのは、初めてです。しかし、国連の関与とはいっても、これまでのケースでも常に国際政治の力学から無縁ではいられませんでした。例えばボスニア・ヘルツェゴビナの場合、現地政府と国連・EUの間の対立が顕在化し、国連・EU側の意向に沿わない人間が公職を追われる事態も発生しました。また、国連・EUによる関与の大きさに、ロシアからの反発も絶えませんでした。ハイチの場合、国連などによって作成された復興の行動計画には、中央集権体制を改めて地方分権を促すなど、国家のあり方そのものを改造する目標も含まれています。これらをめぐり、いずれ国連とハイチ政府の間で軋轢が生じる可能性も否定できません。


  一方、ハイチをめぐって周辺国同士の綱引きもすでに始まっています。支援国会合で最大の拠出金を提供する約束をしたのは、ベネズエラ(21億4700万ドル)でした。これに次いだのは、19世紀から中南米・カリブ地域を「裏庭」とみなしてきた米国(11億5100万ドル)。ベネズエラのチャベス大統領は、中南米左派の代表的人物です。ベネズエラはOPEC原加盟国の一つで、原油価格の高騰を背景に国内油田の国有化に踏み切り、米国との対決姿勢を鮮明にしてきました。復興支援で指導力を発揮することは、その後のハイチ政府との関係性をある程度決定付けるだけに、ベネズエラと米国の綱引きは今後のハイチの行方を左右するものといえるでしょう。


  さらに、もうひとつ気になるのは、中国の動向です。中国はかねてから「世界最大の開発途上国」を自認し、ソ連との関係が悪化した1960年代からアジア、アフリカ地域への支援を続けてきましたが、最近では中南米・カリブ地域へも進出を図っていました。実際、2006年にハイチに派遣された国連平和維持部隊にも、中国は部隊を派遣しています。国外に軍を出すことに慎重な中国としては、異例のことです。ここからも、中国の中南米・カリブ地域に対する関心がうかがえるのですが、今回の支援国会議で中国は拠出金を明らかにしませんでした。これを中国の「儲けが薄そうなところには関与しない姿勢」と捉えることもできるかもしれませんが、それだけではないと思います。


  まず、今月12、13日にワシントンで開かれる「核安全サミット」に、胡国家主席が出席することになったように、米中間は緊張を緩和させようとする段階にあります。米国が関心をもつ他の領域で中国がプレゼンスを示すことは、必ずしも得策でないタイミングです。その一方で、中国はチャベス政権とも良好な関係にあります。中国は「面子」を重んじる国です。中南米・カリブ地域でベネズエラがプレゼンスを示そうとするときに、わざわざそれを妨げることはしなかった、とみられます。少なくとも現段階において中国がハイチ支援に明確な姿勢をみせないことは、周辺国との関係を鑑みて、関与を曖昧にすることによる利益を見出しているから、ということができるでしょう。ただし、いずれ支援国会合とは別の次元で、中国がハイチへのアプローチを強める可能性は否定できません。

 
  いずれにせよ、ハイチ復興は各国の利害・対立関係のもとで進むことになります。今後、これがどのように展開するかは余談を許しませんが、ハイチが「西半球で最も貧しい国」という不名誉なレッテルから解放されるには、いまだ困難な道があることは確かでしょう。
  

スポンサーサイト

  • 2014.03.05 Wednesday
  • -
  • 20:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

iPad用の電子書籍アプリを作りました![佐門准教授と12人の哲学者]


公式サイト

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新エントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM