スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.05 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Xから安倍晋三先生への手紙

倍晋三先生

ご無沙汰いたしております。先生のご活躍を拝見し、筆をとった次第です。

このたびは総裁選での勝利、おめでとうございます。さすが、政界のプリンス。血は争えません。巣鴨プリズンを生き延び、宰相の座に上り詰めた昭和の妖怪・岸信介先生のお血筋だけあって、あり得ない復活だと、みな舌を巻いております。

今回の総裁選で、先生の主張のなかで、一際光彩を放っていたのは、「強い国」だったと思います。まさに、おっしゃるように、周辺国になめられるようではいけません。そのためにこそ、日米同盟が日本の機軸なのです。そこをわきまえない民主党が、普天間基地の移設問題やオスプレイの配備で、アメリカに駄々をこねたことが、今の状況を生み出したのです。アメリカの力なくして、周辺国とは対抗できません。アメリカとの関係こそ、最優先です。何しろ、アメリカが「強い国」なのですから。

時に、お身体の具合はいかがでしょうか。以前の政権を、「投げ出した」「放り出した」と批判する輩が多いですが、とんでもない話です。先生が、そんな無礼なことをする方でないことは、私がよく存じております。先生は、ただ「引っ込んだ」だけです。

ともあれ、ご承知のように、今後の政局は予断を許しません。しかし、官邸のどじょうも、大阪の電波芸者も、あるいは身内の兵器オタクも、所詮は先生の敵ではありません。万が一、政局が煮詰まったとしても、問題ありません。細川先生しかり、鳩山先生しかり、名のある家系の方々は、困難な状況においてそれでも歯を食いしばるといった下世話なことを、なさる必要はありません。後のことは下々の者に巻かせて、綺麗に身をひく、そして「再チャレンジ」する、それこそ高貴な方の振る舞いといえるでしょう。

影ながら、先生のご健康とご栄達をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

  • 2014.03.05 Wednesday
  • -
  • 20:17
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

iPad用の電子書籍アプリを作りました![佐門准教授と12人の哲学者]


公式サイト

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最新エントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM